市場探検ツアー2014出演
0

    昨年8月にも開催した、のこされ劇場≡が案内する市場探検ツアー。

    今年は、10月11日・11月8日(いずれも土曜日)開催。
    青果棟・水産棟・関連棟・マイナス50度の冷蔵庫、青果の模擬せり体験もあり
    一緒に楽しめます!

    なお10月は満員御礼ですが
    11月はまだ受け付けています
    ぜひご応募お待ちしています!


    http://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/10600044.html
    | のこされ劇場≡ | 11:03 | - | trackbacks(0) |
    ワークショップ発表会開催
    0

      黒崎ひびしんホール ワークショップ発表会

      約2ヶ月間、黒崎ひびしんホールで開催してきたワークショップ。
      その成果を発表します。

      日程:3月30日(日)14:00〜 
          上演時間は約1時間を予定
      会場;黒崎ひびしんホール リハーサル室

      入場無料/予約不要
       



       

      ■ お問い合わせ

      黒崎ひびしんホール
      〒806-0034 福岡県北九州市八幡西区岸の浦2丁目1-1 TEL:093-621-4566 FAX:093-621-4522
      http://www.kurosaki-bunka.jp/organize/detail.html?id=623
       

      | のこされ劇場≡ | 20:31 | - | trackbacks(0) |
      のこされ劇場≡リーディング公演!
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般

        無事に公演終了しました。ありがとうございました。
        北九州演劇フェスティバル2014「まちなかリーディングマンス!!」
        参加作品

        のこされ劇場≡ リーディング公演 
        「穴場」


        【作・演出】塩津順子
        【監修】  市原幹也
        【出演】  飯野智子 沖田みやこ 鈴木萌

        【日時】2014年2月23日(日)14:00〜/19:00〜
        ※開場は開演の30分前です。
        【会場】カフェ・ド・ファンファン(北九州市小倉北区1−2−8 2階)
        【チケット料金】1,000円(ドリンク代込み、前売り・当日共通)
        【チケット予約・お問い合わせ】メール info@nokogeki.com
        電話  080-3951-3490(のこされ劇場≡制作部)
        【企画・製作】のこされ劇場≡
        【のこされ劇場≡ブログ】http://blog.nokogeki.com/

        のこされ劇場≡脚本家・塩津順子による、
        のこされ劇場≡での初の脚本・演出作品。
        ぜひ、お越しください。
        お席に限りがございます。
        ご予約はお早めに・・!



         
        | のこされ劇場≡ | 11:22 | - | trackbacks(0) |
        【えだみつ演劇フェスティバル2013】企画・参加決定!
        0
           
          のこされ劇場≡が「えだみつ演劇フェスティバル2013」に参加します!



          「えだみつ演劇フェスティバル2013」

          【地域協同プログラム】
          枝光八幡宮の秋季大祭の日に合わせて、たくさんの企画が開催されます。
          のこされ劇場≡は、枝光の子ども劇団「アイアンスマイルキッズ」とコラボラーションしたり、
          枝光本町商店街の一画で、思い出の写真を集める『枝光写真館を作ろう!』企画を運営します。
          ぜひこの機会に、枝光へ足をお運びください。

          日程:2013年10月20日(日)10:00〜17:00
          場所:枝光八幡宮境内


          【枝光写真館を作ろう!】

          日程:2013年10月5日〜10月31日 
          場所:枝光本町商店街諏訪一丁目交差点カド


          詳しくは、



          | のこされ劇場≡ | 15:02 | - | trackbacks(0) |
          のこされ劇場≡「劇的えほん朗読会」開催中!
          0

             のこされ劇場≡×八幡図書館 コラボ企画!
            「劇的えほん朗読会」


            演劇みたいな、絵本の朗読会。
            まるで、絵本の世界が飛び出してくるような
            すてきな仕掛けをたくさん用意しています。
            毎月新しい絵本を紹介します。
            子どもから大人まで、おじいちゃんおばあちゃんまで、
            一緒に絵本の世界に触れてみませんか。

            日程: 毎月 第1土曜日  14:00〜14:40
               ※ときどき日程が代わります。
              ご確認ください→ 「八幡図書館HP」こちら

            場所:八幡図書館2階・集会室
                   (八幡東区尾倉二丁目6-2)

            演出/出演:のこされ劇場≡、他ゲストあり

            お問合せ:
            八幡図書館   093-671-1123
            のこされ劇場≡ 080-3951-3490


            過去公演の様子はこちらの記事からどうぞ




            | のこされ劇場≡ | 12:38 | - | trackbacks(0) |
            アイアンシアター芸術監督およびレジデントカンパニー退任のお知らせ
            0
               アイアンシアター芸術監督およびレジデントカンパニー退任のお知らせ



              この度、のこされ劇場≡市原幹也は、枝光本町商店街アイアンシアター芸術監督を退任することとなりました。それに伴い、のこされ劇場≡は、アイアンシアターレジデントカンパニーとしての活動を終えることとなりました。


              4年間、枝光本町商店街の皆さまをはじめとする、多くのお力添えのおかげで、ここまで活動することができました。

              本当にありがとうございました。

              また、多くのご心配とご無礼をおかけしたこと、この場を借りてお詫び申し上げます。


              のこされ劇場≡は、この4年間でいただいた経験を活かし、次のステップへ進んでいきたいと思います。

              見守っていただけますと幸いです。


              これからも、のこされ劇場≡と、枝光本町商店街アイアンシアターを宜しくお願い申し上げます。



              のこされ劇場≡

              | のこされ劇場≡ | 14:36 | - | trackbacks(0) |
              『枝光本町商店街』観劇された方々からのコメント
              0
                  こんにちは、のこされ劇場≡制作部です!

                本日は、『枝光本町商店街』を観劇された方々からのコメント紹介・第5弾!

                今回は、えだみつ演劇フェスティバル2012に参加され枝光で滞在制作をされた劇団しようよの大原渉平さんのコメントをご紹介します!

                なんと・・今回大原さんには早々にコメントを頂いていたにも関わらず、こちらの手違いにより確認ができておりませんでした。大原さんごめんなさい!
                コメント紹介を楽しみにして頂いた皆さまにも、上演直前でのご紹介となりましたことお詫び申し上げます。


                さぁ、いよいよ明日が本番!
                たくさんのご予約を頂き嬉しく思っております。
                チケットは完売ですが、土曜日も枝光の商店街は元気に動いているので
                せひせひ枝光に遊びにいらしてくださいね♪

                 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                大原渉平さん(劇団しようよ)


                空間と時間とは演劇と切っても切れないものだ、ということを改めて実感させられた演目でした。場所の持つ記憶とそこにいた者の記憶が僕たちの目の前に香り立ったとき、土地に僕たちは歓迎され、またその別れは名残惜しまれているかのように感じたものです。この時代にその場所に立つ意味を理解したとき、どんな人にも等しくやってくる幸せと不幸せが、とても残酷なように感じられました。







                 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                『枝光本町商店街』3月30日14時開演。
                ※ご予約が定員に達しましたので、予約を締め切りました。
                 当日券はございませんのでご了承ください。

                お問合せ:のこされ劇場≡080-3951-3490


                | 『枝光本町商店街』コメント | 14:00 | - | trackbacks(0) |
                『枝光本町商店街』観劇された方々からのコメント
                0
                   こんにちは、のこされ劇場≡制作部です!

                  本日は、『枝光本町商店街』を観劇された方々からのコメント紹介・第4弾です!

                  今回は、えだみつ演劇フェスティバル2012に参加され枝光で滞在制作をされた倉迫康史さん(シアターカンパニーOrt-d.d)・橋本清さん(ブルーノプロデュース)、昨年北九州・小倉の商店街内で演劇公演をされた石神夏希さん(ペピン結構設計)のコメントをご紹介します。

                  23日に上演を終え、いよいよ今週末が最後となる『枝光本町商店街』
                  30日(土)のチケットもまだあります!お見逃しなく!
                  皆さまのお越しを枝光でお待ちしております♪

                   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                  倉迫康史さん(シアターカンパニーOrt-d.d)


                  演劇とは時間の積み重ねを味合うものだとつくづく思う。
                  例えばある古典戯曲を上演するとした場合、
                  観客は戯曲が演劇史で積み重ねてきた時間、
                  俳優が人生で積み重ねてきた時間、
                  座組が稽古で積み重ねてきた時間、
                  劇場が観客と積み重ねてきた時間など、
                  様々な位相の時間をミルフィーユのように味合う。
                  『枝光本町商店街』は土地の積み重ねてきた時間のミルフィーユだ。
                  そしてそれはまさに演劇だ。



                  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                  橋本清さん(ブルーノプロデュース)


                   こんにちは。
                   ブルーノプロデュースの橋本清です。


                   僕は、ふだん、他人の記憶を使って演劇を作っています。
                   台詞でもない、物語でもない、演劇のようなものを、がんばって演劇にしています。

                   過去を語る、それだけのことが、「演劇」になる、そんな瞬間が好きです。


                   枝光には、昨年の『えだみつ演劇フェスティバル』で、はじめて訪れました。
                   参加団体として、1週間ほど滞在し、『枝光本町商店街』を体験しました。

                   実際の商店街を歩きながら、そこで働く人々から、町の記憶を教えてもらいます。
                  しかし、それだけでは、なかなかフィクションは生まれません。

                   この作品では、枝光の記憶を持たない僕たちを、いわば「部外者」という存在を、

                   商店街の人々の「出会い」でもって、作品の中に取り込んでくれました。

                   現在進行形で、僕たちに記憶が刻まれるーーその体験は、まさに「演劇」でした。


                   あくまでこれは僕の、その時その土地を訪れた、僕だけの体験です。
                   みなさんの『枝光本町商店街』は、ぜんぜん違う作品なのかもしれません。

                   そういう、一人一人だけの特別な体験ができる作品です。

                   そして、何度も言ってしまいますが、それこそが「演劇」だと思います。



                  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                  石神夏希さん(ペピン結構設計)


                   『枝光本町商店街』を演じる町の人たちを見て、こんな風に演劇がやれたらそれが一番しあわせなんじゃないか、と思った。

                   というか私自身が、こんな風に演劇がやれたら一番しあわせなんだ、と思った。
                   こんな風に暮らせたら、生きられたら、そして死ねたらしあわせなんだ、という方が正しいかもない。

                   願わくば、あの商店街の一店主でいたかった。台詞がなくてもいいから、ひっそりと、毎日、『枝光本町商店街』の片隅に座っていたかった。


                   ラストは、ああもうやめてくれって思った。
                   さっき会ったおばちゃんやおじちゃん、笑顔で交わした会話、商店街のひなびた景色、そういう世界が破れて、裂けてしまいそうで、怖かった。

                   だから目をそらしてしまった。

                   目をそらしたけど結局裂けてしまって、ああもう戻れないと知った。もう枝光には来れないかもしれない、って思った。あんなもの見てしまったら、もうまともにあの商店街を歩けない。市原さん、ひどい。


                   あのときの『枝光本町商店街』が、変わるという。そう聞いて、ああよかった、とホッとした。
                   これでまた枝光の商店街を歩けます。またあのときみたいに、おっかない思いするかもしれないけど。



                  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                  『枝光本町商店街』
                  2013年30日(土)14時開演
                  集合:枝光本町商店街アイアンシアター
                  料金;一般/1,800円 学生/1,500円

                  チケット予約 
                   TEL /080-3951-3490(劇団窓口直通) 
                  MAIL/info@nokogeki.com 
                  ◎氏名・住所・電話番号・観劇希望日・枚数をお知らせください。
                  定員に達するご予約を頂いたため、チケット予約を締め切りました。
                  当日券はございませんのでご了承ください。(2013年3月28日)


                  | 『枝光本町商店街』コメント | 12:00 | - | trackbacks(0) |
                  【枝光本町商店街】観劇された方々からのコメント
                  0
                     こんにちは、のこされ劇場≡制作部です!

                    本日は、『枝光本町商店街』を観劇された方々からのコメント紹介・第3弾です!

                    今回も、前回に引き続き、えだみつ演劇フェスティバル2012に参加され枝光で滞在制作をされた方々のコメントをご紹介します。


                     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                    鈴木ユキオさん(金魚)

                    枝光本町商店街
                    この街に偶然にも足を踏み入れて、どこにでもある商店街として通り過ぎていたらどうだったのだろう、とふと考えます。きっと僕の目には何も映る事もなく少し寂しい商店街とスペースワールドの印象がのこったのだと思います。今回アイアンシアターの演劇フェスに参加させていただき観劇させていただいたことで、一見では入り込む事の出来ない街に引き込まれてしまいました。観る事が出来ないものが次々と目の前に現れ、実際に会話もし、今のリアルとして現実に立ち現れました。そして同時にタイムスリップまでしてしまったのです。この土地の人間でないものが、この土地の人とつながり、そしてこの土地の過去ともつながってしまう。なぜ?
                    さらに最後には枝光商店街で『ひげダンス』までさせられてしまった!なぜだ?
                    この小さな街で、街ぐるみの演劇に一杯食わされたのだろうか。はたしてあの商店街の達者な役者達は、普段からあそこにいるのだろうか、本当は誰一人としていないのではないのだろうか。きっと完全にだましきった市原さんと役者たちは我々が帰ってから、にんまりと笑って次のターゲットを狙っているのだろう。
                    いつかハリボテの証拠をつかむためにも、またこの街に戻ってみたいと思っている。


                    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                    羽鳥嘉郎さん(けのび)

                    願わくば、見知らぬものが招き入れられますように。
                    そう思ってください。


                    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

                    筒井潤さん(dracom)

                    地域の人たちとの交流を発展させ、イベント化するという試みは様々なところで行われているようですが、その多くは、アーティストが地元の文化振興の助成を得るためのシノギ臭がプンプンしていて、わたしは好きになれません。

                    実は、
                    『枝光本町商店街』にも、そういった疑いの眼差しを送りながら観始めたのですが、結局、枝光の過去から未来へ通り過ぎる風を全身で感じただけで、シノギ臭はまったくありませんでした。すごいことです。



                    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

                    『枝光本町商店街』
                    2013年3月23日(土)、30日(土)両日とも14時開演
                    集合:枝光本町商店街アイアンシアター
                    料金;一般/1,800円 学生/1,500円

                    チケット予約
                     TEL /080-3951-3490(劇団窓口直通) 
                    MAIL/info@nokogeki.com 
                    ◎氏名・住所・電話番号・観劇希望日・枚数をお知らせください。
                    定員に達するご予約を頂いたため、チケット予約を締め切りました。
                    当日券はございませんのでご了承ください。(2013年3月28日)

                     

                    | 『枝光本町商店街』コメント | 12:00 | - | trackbacks(0) |
                    『枝光本町商店街』出演者コメント
                    0
                      こんにちは!のこされ劇場≡制作部です。
                      本日は、『枝光本町商店街』に出演している、商店街の俳優さんたちのコメントをご紹介!
                      『枝光本町商店街』への想いや、上演で今まで出会った人々との思い出などをお話して頂きました。

                       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      ◆水摩直美さん(みずま菓子舗)


                      たぶん100回くらい上演している。
                      毎回その度に新しい出会いがあり、交流が広がった。
                      日本中に知り合いができたことは財産。
                      市原君とのこされ劇場≡には感謝でいっぱい。


                      ◆田中幸治さん(ふるーつたなか)


                      若い人がたくさんきて枝光が活気づいた。まちおこしになった。
                      ここに来る人たちの演劇にかける想いが伝わってきた。
                      名前の短歌は、趣味から芸術になりつつある。
                      最高で一日8人分作った。明日帰る〜なんてのを聞くと、気合いが入ってしまう。
                      喜んでもらえると自分も嬉しい。
                      テレビにも取り上げられ、バナナのたたき売り口上と共に短歌も取り上げられた。
                      商店街の宣伝にもなり、やってきたことが無駄でなかったなと感じた。
                      市原幹也のおかげだ。市原幹也、いい男。
                      とにかくみんな、笑顔がいい。のこされも、全国から来る人も。
                      笑顔がすべてを解決する!


                      ◆井上敏信さん(生そば鶴亀)


                      若いときは、好きな事はある程度他のことを犠牲にしてでも一生懸命するべき。
                      熱があるのは若いときだからこそ。
                      若い時に一生懸命したことは、年をとった時の宝になる。
                      自分もたくさん学んで、いまは身につけたものを人に返したい想いで話をしている。
                      若い人たちの活動の少しでもお手伝いができたら。
                      商店街でものを買う買わないは別として、枝光のまちが気持ち的に若くなったと感じています。


                      ◆三木進さん(三木呉服店)


                      長いこと枝光にいて、色々なことがあった。
                      40年以上前はにぎやかで、自分と同世代の若者が沢山いた。その時代に何をしてもこわくないと、自分たちがしようとしてきたこと、してきたことをのこされが連れてきた人たちに聞かせてきた。
                      観劇にくる人たちははみんな若い。自分は年をとった。若い人たちに話を聞いてもらえることが楽しい。
                      また色々なところからくる人たちに昔の写真などに興味を持って、話を聞いて、楽しんでもらえている様子が嬉しい。
                      若いひとはもちろん、全国色んなひとに会える。自分が「いい話を聞いたな」と感じることも。50年以上ずっと枝光で商売をしている自分が、仙台の人の話や八甲田丸(青森)についてなど地元以外の話をここにいて聞けるとは思わなかった。
                      また自分も全国の商店街をまわった経験があるので、たまに地方からきた人と共通の話題を持てるのも嬉しかった。
                      本当に、楽しかった。

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      『枝光本町商店街』
                      2013年3月23日(土)、30日(土)
                      公演詳細はこちら

                      定員に達するご予約を頂いたため、チケット予約を締め切りました。
                      当日券はございませんのでご了承ください。(2013年3月28日)

                      お問合せ: TEL /080-3951-3490(劇団窓口直通) 
                             MAIL/info@nokogeki.com 
                      | 『枝光本町商店街』コメント | 12:00 | - | trackbacks(0) |
                      | 1/71PAGES | >>